• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

土偶の一種。縄文時代の後期前半に南関東地方で多くつくられた土偶で、顔がハート形をしていることからの命名。群馬県吾妻郡東吾妻町の郷原遺跡からほぼ完全形で出土した、高さ30.5センチの土偶が特に有名。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉