• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《骨組み・枠組み・構成の意》

  1. 撮影の際にファインダーを通して見える撮影範囲。また、撮影範囲と構図をファインダーを通して決定すること。

  1. 構想。

[補説]1で、カメラによっては、ファインダーで見える範囲と撮影範囲とが完全には一致しない場合がある。

《原義は燃え立っていることの意》「炎上3」に同じ。