• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

二つの整数最大公約数を求める算法。大きい方の数を小さい方の数で割り、その剰余で小さい方の数を割る演算を繰り返す。最後に残る除数が求める最大公約数となる。二つの整式についても成り立つ。ユークリッドの著書「ストイケイア」に記載。互除法。

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉