• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ライム(石灰)片を酸水素炎で熱し、強い白色光を生じさせる装置。また、その光。19世紀後半、欧米の劇場で舞台照明に使われた。石灰光。

  1. 名声。評判。また、花形。

[補説]作品名別項。→ライムライト

米国の映画。1952年作。監督・脚本・主演はチャップリン。落ちぶれた老道化師が人生に絶望したバレリーナを献身的に支えてスターの道へと導くが、自身は再起を賭けた舞台を最後に世を去る。1950年代の赤狩りで国外追放となったチャップリンがアメリカで撮影した最後の作品。