• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

寒冷などにより手足の小動脈が発作的に収縮し、蒼白・チアノーゼ・発赤・冷感・痛み・蟻走感 (ぎそうかん) などの現象が起こる病気。1862年にフランスの医師レイノー(M.Raynaud)が報告。