イタリア南部、プーリア州の都市。サレント半島の中心都市。古代ギリシャ時代の以前に先住民のメッサピ人の町があったとされる。古代ローマ時代に商業都市として栄え、11世紀のノルマン人征服以降、交易の要地となった。レッチェ大聖堂サンタクローチェ聖堂をはじめ、16世紀から17世紀にかけて建造または再建したバロック建築が数多く残り、別名「バロックのフィレンツェ」「南イタリアのフィレンツェ」と称される。