• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「うちとねり」の音変化》

  1. 律令制で、中務 (なかつかさ) 省に属する文官。宮中の宿直や雑役に従い、行幸の警護にあたった。五位以上の子弟から召したが、のちには諸家の侍、特に源氏・平氏の中から選ばれた。

  1. 明治官制で、主殿寮東宮職の最下級の職員。殿中の雑務に従事した判任官。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉