• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 室町時代、金の延べ金 (がね) を必要に応じて切り、はかりにかけて貨幣として使ったもの。

  1. きりがね

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉