• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

[動タ四]

  1. ひなが巣立つ。

    1. 「郭公 (ほととぎす) ―・つ山をさと知らば木の間は行きて聞くべきものを」〈曽丹集

  1. 霞などが立ちはじめる。

    1. 「いつしかも―・ちにける霞かなまだいとけなき春の初めに」〈夫木・二〉