• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 近世、大名行列などのとき、袋に入れ長い棒の先につけて、小者に持たせたかぶり笠。

  1. (台傘)傘袋に納めた妻折り傘。高位の人の外出の際に飾り傘として用いた。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉