• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

確率論の基本法則の一。ある試行を何回も行えば、確率は一定値に近づくという法則。例えば、さいころを何回も振れば1の目の出る確率は6分の1に近づくなど。

[数学/数学の言葉]カテゴリの言葉