• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

《「おおとのあぶら」の音変化》宮中や貴族の邸宅でともす油のともし火。

「月もなきころなれば、灯籠に―まゐれり」〈・常夏〉