• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、受領 (ずりょう) に任ぜられる資格のある者が、欠員がないため仮に任ぜられる権守 (ごんのかみ) ・権介 (ごんのすけ) などの称。やどりのつかさ。