肥後国玉名郡(熊本県玉名市)の小代山麓から産した陶器。細川忠利の肥後移封に伴って豊前から来た牝小路 (ひんのこうじ) 源七と葛城八左衛門が開窯したのに始まる。日用雑器を主に、茶器も製した。加藤清正文禄慶長の役後に朝鮮から連れ帰った陶工に始まるとの説もある。