加藤清正の解説 - 小学館 大辞泉

[1562~1611]安土桃山時代の武将。尾張の人。幼名、虎。豊臣秀吉に仕え、賤ヶ岳 (しずがたけ) 七本槍の一。肥後の半国を与えられて熊本城主となり、文禄の役慶長の役で朝鮮に出兵。関ヶ原の戦いには東軍につき、肥後一国を与えられた。築城の名手で、熊本城の設計は有名。

加藤清正の解説 - SOCKETS人物データベース

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将・大名。
生年月日
1562年7月25日 しし座
没年月日
1611年8月2日(享年49歳)
別表記
虎之助 竹松 夜叉若 地震加藤

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース