• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

夜の更けるころ。

「かやり火の―の下こがれ苦しや我身人知れずのみ」〈新古今・恋一〉