• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

民事訴訟のうち、60万円以下の金銭の支払いを求める訴えについて、原則として1回の審理判決まで行う特別な訴訟手続き。

[補説]即時解決を目指すため、証拠書類や証人は、審理当日にその場ですぐに調べられるものに限られる。審理は基本的に、裁判官と丸いテーブルに着席する形式で進められる。判決や和解の内容に相手が従わない場合は、強制執行を申し立てることができる。判決に不服がある場合は、異議を申し立てることができるが、控訴することはできない。利用回数は、一人につき同じ裁判所で年間10回までに制限されている。

[社会/法律]カテゴリの言葉