[動タ五(四)]《「稜 (そば) 立つ」の意。古くは「そばたつ」とも》
  1. 山などがかどばって高く立つ。そびえる。

    1. 「峻 (けわ) しい岩山が壁のように―・っている」〈宙外・独行〉

  1. かどが立つ。

    1. 「詞 (ことば) ―・つ親と親」〈浄・妹背山

[動タ下二]そばだてる」の文語形。

出典:青空文庫