• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動ラ五(四)]
  1. (「射し入る」とも書く)光などがさし込む。「―・る月の光」

  1. 中へ入る。

    1. 「―・りて見れば、南面 (みなみおもて) の格子、皆下ろしてさびしげなるに」〈徒然・四三〉

[動ラ下二]さしいれる」の文語形。