• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

太陽の両側に1個ずつ見える太陽のような像。雲の氷晶が光を屈折させてできる暈 (かさ) の一種で、太陽が高くなるにつれて太陽の本像から離れていく。→幻月

[地学/気象]カテゴリの言葉

出典:gooニュース