[動タ五(四)]
  1. 勢いがよくなる。活気が出る。「気持ちが―・たない」「商況が―・つ」

  1. ひときわよく見える。一段とよく感じられる。「黒を着ると肌の白さが―・つ」「少量の塩で味が―・つ」

  1. しりぞく。浮き足立つ。

    1. 「正尊かなはじと―・ちけるを」〈謡・正尊

[動タ下二]ひきたてる」の文語形。

出典:青空文庫