[動マ下一][文]あては・む[マ下二]
  1. うまく合うようにする。適用する。「この数式に―・めれば解が出る」「校則に―・めて処分する」

  1. 見込んでおく。当てにする。

    1. 「七百町を主 (ぬし) づかんと、―・めて置いたもの」〈浄・反魂香

出典:青空文庫