• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浄瑠璃時代物。三段。近松門左衛門作。宝永5年(1708)大坂竹本座初演。名古屋山三 (さんざ) 狩野派土佐派の絵師らをからませた御家物。「吃又 (どもまた) 」のくだりが有名。