• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[動カ四]
  1. 草や髪などが、風になびく。

    1. 「穂先の蘇枋 (すはう) にいと濃きが、朝霧にぬれて―・きたるは」〈・六七〉

  1. 人が横になる。

    1. 「うつせみの世の人なれば―・き床に臥 (こ) い伏し」〈・三九六二〉

  1. 強くひきつけられる。

    1. 「今更に何をか思はむ―・き心は君に寄りにしものを」〈・五〇五〉

[動カ下二]攻めて服従させる。
    1. 「其の勢すでに七百余騎、国中を―・け」〈太平記・三〉

[枕]茂った春の草木がなびく意から、「草」「春」にかかる。
  • 「―草香 (くさか) の山を夕暮れに」〈・一四二八〉