• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

木造の寺院建築などで、主に柱上にあって、深い軒を支えるしくみ。斗 (ます) と肘木 (ひじき) とを組み合わせたもので、様式・年代によって特徴がある。升組 (ますぐ) み。斗組 (とぐ) み。組み物。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉