• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

元日や即位式のときの威儀の具の一。黒塗りの高さ3丈(約9メートル)の柱に、金漆塗りの九輪を貫き、その上に日にかたどった金漆塗りの円板に朱で3本足の烏を描いたものをつけたもの。儀場の庭上に立てる。⇔月像幢

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉