• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中世ころまで多くみられた行事で、毎月の朔日 (ついたち) に神社に奉幣したこと。国司が行うもの、神社自身が行うもの、また、春日神社のように氏人たる藤原氏が行うものがあった。さっぺい。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉