[名](スル)
  1. 価値・地位・資格などによって物や人を分類し、段階をつけること。「一流品に格付けされる」

  1. 商品取引所で、標準品に対する他の銘柄の価格差を決めること。

  1. 債券の発行条件を決めるために行われる、発行会社のランクづけのこと。債券の信用度を判断する目安となる。一般的には、格付けが高いほど利回りは低くなる。