• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

陶淵明「雑詩」其一から》年月は人の都合にかかわりなく、刻々と過ぎていき、少しもとどまらない。