• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浮世絵版画の前身となった紅彩色の江戸役者絵。江戸中期から売り出され、2、3色刷りからしだいに多彩となり、錦絵 (にしきえ) として人気を博した。紅摺絵 (べにずりえ) 。東 (あずま) 錦絵。→上方絵 (かみがたえ)