• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ベニモズク科の紅藻。干潮線付近の岩や貝殻に繁茂し、濃紅色のひも状で、ほとんど分枝しない。寒天質で粘性があり、食用とする。

  1. アメフラシの卵塊。黄色いひも状で、春先、海岸の海藻の間に産みつけられる。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生物/生物学の言葉]カテゴリの言葉