• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

編み物の目数を減らすこと。二目に一度、三目に一度などという。俗に「へし目」という。⇔増 (ま) し目