騎射の練習の一。円形の馬場の中に放した犬を追いながら、馬上から蟇目 (ひきめ) の矢で射る。鎌倉・室町時代を通じて盛んに行われ、故実も整えられたが、明治に至って衰えた。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉