目釘のこと。のち、柄 (つか) の外にあらわれた目釘の鋲頭 (びょうがしら) と座が装飾化されてその部分をさすようになり、さらに目釘と分離した飾り金物として柄の目立つ部分にすえられるようになった。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉

出典:青空文庫