1. ヒノキの白木の薄板で折り箱のように作り、中に仕切りを設け、かぶせ蓋 (ぶた) にした容器。弁当箱として用いた。

  1. 1に入れた携帯用の食物。弁当。

    1. 「奈島の丈六堂のへんにて、ひる―食ふに」〈宇治拾遺・四〉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉