• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 相撲・囲碁・将棋などで、禁じられている技、または手。用いると反則負けとなる。相撲では、握りこぶしで打つことや頭髪を故意につかむことなど。将棋では、二歩 (にふ) 打ち歩詰め。囲碁では、1回待たずにすぐ劫 (こう) 取りにいくことなど。禁手。

  1. 一般に、使ってはならないとされる手段・方法。禁手。「公的資金による株価対策は市場をゆがめる禁じ手とされる」

[生活/スポーツ]カテゴリの言葉

出典:gooニュース