仏語。煩悩 (ぼんのう) にとらわれた人が、本来実在しないものをあるかのように思ってそれにとらわれること。病みかすんだ目で虚空を見ると花があるように見えることにたとえたもの。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:青空文庫