[名]
  1. 何もない空間。大空。「—に消える」「—にのぼる」

  1. 仏語。何も妨げるものがなく、すべてのものの存在する場所としての空間

[名・形動ナリ]
  1. 事実にもとづかないこと。また、そのさま。架空

    1. 「—仮設人物」〈逍遥小説神髄

  1. とりとめがないこと。また、そのさま。漠然

    1. 「—なることを申す者かな」〈幸若夜討曽我

  1. 思慮分別がないさま。むやみ。やたら。

    1. 「—におやぢが煮え返る」〈浮・禁短気・三〉

[補説]書名別項。→虚空

長谷川櫂句集平成14年(2002)刊行。第54回読売文学賞詩歌俳句賞受賞。

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。

検索ランキング

2023年5月