• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

急所をつかれて心を痛める。

「小路隠れの家出のと聞く度ごとに、この伯母が胸には釘を打つ如く」〈浄・卯月の紅葉