• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

軽率な発言のために、自分の生命を失うことがある。言葉は慎むべきであるという教え。