• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

色の見え方や感じ方が多くの人とは異なる状態。網膜にある錐体細胞の遺伝的な欠損や変異によって起こる先天色覚異常と、加齢や病気によって色覚が変化する後天色覚異常に大別される。→赤緑色覚異常


[補説]かつては全色盲・色盲・色弱などの呼称が一般的に用いられたが、誤解を招きやすいことから、1色覚2色覚異常3色覚などの呼称が使用されるようになった。

色覚異常の呼称
現在の眼科用語旧称
1色覚全色盲
2色覚色盲
 1型2色覚・2型2色覚 赤緑色盲
 3型2色覚 青黄色盲
異常3色覚色弱
 1型3色覚・2型3色覚 赤緑色弱
 3型3色覚 青黄色弱