• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 床の間書院窓の上にかけ渡した横木。

  1. 欄間の下などに取り付ける雲形などの彫り物。

  1. 木製火鉢の内側の、銅やブリキで作った、灰を入れる部分。落とし。

  1. 江戸中期、元禄(1688~1704)ごろに流行した元結の掛け方。普通より根元の近くを結ぶもの。

  1. 急な坂。また、坂道などの下りかかる所とも。

    1. 「―の高き所にみつけて」〈・東屋〉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉