• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

修験道における最高の礼拝対象で、金峰山寺 (きんぷせんじ) 蔵王堂の本尊。役 (えん) の行者が金峰山で衆生救済のために祈請して感得したと伝える。像は右足を高く踏み上げ、右手に三鈷杵 (さんこしょ) を振りかざし、左手は腰に当て、逆髪忿怒 (ふんぬ) 相を示す。銅像や鏡像・懸仏 (かけぼとけ) など数多く作られた。金剛蔵王菩薩 (ぼさつ) 。