[名](スル)
  1. 顔面を布などでおおって隠すこと。また、それに用いるもの。「目出し帽で―する」

  1. 神仏に供え物をしたり、貴人の食膳を扱ったりするとき、息のかからないように紙や布で口・鼻をおおうこと。また、その紙や布。

  1. 本名・正体を明らかにしないで物事をすること。「―座談会」「―パトカー」

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉