さいたま市の区名。市域の北東部を占める。区名の由来となった見沼田圃 (たんぼ) は、江戸時代に見沼の干拓によってできた新田地区で、現在も貴重な緑地として残る。