• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

平安時代、だれでも着用を許された衣服の色。紅色・紫色の淡い色など。ゆるしのいろ。→禁色 (きんじき) 

「―のわりなう上白 (うはじら) みたる一かさね」〈・末摘花〉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉