• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
[名](スル)遠まわしに忠告すること。また、その忠告。
  • 「細君の顔には多少―の意が現れていた」〈漱石道草