• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

主にディーゼルエンジン車の燃料となる軽油に課せられる地方税揮発油税によるガソリン車への税負担との均衡を図るため、昭和31年(1956)に創設された。税収は道路特定財源として都道府県及び指定市の道路に関する費用にあてられていたが、法改正により平成21年度(2009)から一般財源化された。→道路整備事業財政特別措置法

[社会/法律]カテゴリの言葉