• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

鎧 (よろい) の胴の一。鉄板を蝶番 (ちょうつがい) で合わせた胴。鉄板の表面を布帛 (ふはく) で包んだ錦 (にしき) 包みや緞子 (どんす) 包みがあり、鎧の下に着用した。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉