• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

大化の改新の際に設けられた訴訟制度。朝廷にと匱をおき、訴えのある者はその首長を介して訴状を匱に投書させ、それでも訴えが取り上げられなかったときは、訴人に鐘を打たせるようにした。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉